マイホームを建てる前に行う「地鎮祭」の内容と流れ

暮らし/法律/その他 注文建築_関連

道を歩いているときに、建築前の土地に人が集まって儀式のようなことをしている風景を見たことはありませんか? これは「地鎮祭」(じちんさい)と呼ばれる儀式で、今でも多くの家庭がマイホームの建築前に行っているものなのです。

では地鎮祭を行うことにはどのような意味があり、儀式はどういった流れで行われていくのでしょうか。今回は、地鎮祭の流れや儀式に必要なもの、かかる費用などについてご紹介します。

1. 地鎮祭について

地鎮祭とは、建築物を建てる際や土木工事を行う際に工事の無事・安全と完成後の繁栄を祈り、その土地の神様に土地を利用する許しを得るために行う儀式のことです。

弥生時代から行われてきたとも言われ、日本各地で古くから伝わる儀式です。土地によっては「鎮地祭」「土祭り」「地祭り」「地祝い」などの別名で呼ばれていることもあります。

神式と仏式があり、神社や寺院に依頼して行うことになります。

 

2. 地鎮祭の流れ

では、地鎮祭はどのような流れで行われるのでしょうか?

地鎮祭で必要なものと、儀式の流れについて簡単にご紹介します。

※対応する寺社や土地の慣習によって異なることがあります。ここでは、神式の一般的な儀式について説明します。実施する際は、依頼する寺社に確認するようにしてください。

○施主が用意するもの(例)

・お供え物(お米、お酒、魚、果物、野菜、塩、水など)

・榊(さかき)

・湯のみ、または紙コップ

・半紙20枚程度 など

○施工会社が用意するもの(例)

・青竹、笹竹

・しめ縄

・盛り砂、盛土

・鍬(くわ)、スコップ

・その他テントや祭壇などの資材 など

 

2-1. 地鎮祭の流れ

手水(ちょうず)

参加者が会場に入る前に手を清めます。

修祓(しゅばつ)

神主が大麻(おおぬさ)を使い、参列者とお供え物を払い清めます。

降神(こうしん)

神主が声を発して、祭壇にその土地の神様をお迎えします。

献饌(けんせん)

お酒と水が入った容器の蓋を開けて、神様にお供え物を捧げます。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神様に建物を建築することを告げ、以後の工事の安全を願います。

四方祓(しほうはらい)

土地の四隅をお祓いし、清めます。

地鎮(じちん)

建物の設計者、施主、施工者が盛砂をし、その中に神主が「鎮物」(しずめもの)を埋めます。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串(榊に紙垂を付けたもの)を神前に供えます。

撤饌(てっせん)

お酒や水の入った容器に蓋をします。

昇神(しょうしん)

神主が声を発して、神様を元の御座所(おましどころ)に送ります。

神酒拝戴(しんしゅはいたい)

神様に捧げたお酒を全員で戴き、儀式は終了となります。

直会(なおらい)

施主が用意した、お供え物の御下がりを戴きます。

別途お弁当や飲み物を用意して宴会をすることもあります。

 

3. 地鎮祭にはいくらかかる?

地鎮祭を行う際には、以下の費用を施主が負担することになります。

・初穂料(玉串料):2~5万円 ※神主に支払う謝礼のことです。

・資材のレンタル料、会場の設営料:1~5万円

テントなどを設営する場合は、10万円程度になることもあります。

・お供え物にかかる費用:2万円程度

これらの費用に加えて、「直会」(なおらい)用のお弁当を用意する場合は、人数分のお弁当代も負担することになります。

 

地鎮祭を行うには多少費用がかさんでしまいますが、施工会社や地域の方と交流ができる良い機会でもあります。マイホームの建築前にしっかりと神様に挨拶をしておきたいという方は、地鎮祭を検討してみてはいかがでしょうか。通常は、建築会社の営業マンに話をすれば、地鎮祭の段取りを整えて貰えるでしょう。