防犯対策とホームセキュリティを考えた戸建て住宅

不動産売買_関連

これから住まい探しをするという方で「戸建て住宅」を選ぶ際には、「価格」や「立地条件」だけでなく「防犯性」を検討してみる事も重要です。
防犯対策をしっかりと考えていないと、せっかくのマイホームが泥棒や空き巣の被害に・・・なんて事になってしまったら大変です。泥棒などから狙われやすい家の特徴や防犯対策の方法をぜひ覚えて大切なマイホームを守っていきましょう。 今回は「防犯対策」に重点を置いた、戸建て住宅の選び方についてご紹介します。

 

1. 同じ家でも狙われやすい家がある?

一見するとほとんど同じように見える家でも、実は「泥棒に狙われやすい家」と「そうでない家」があります。これからマイホームを購入するのであれば、できるだけ防犯性の高い家に住みたいですよね?
泥棒に狙われやすい家にはいくつかの特徴や共通点があるので、戸建て住宅にお住まいの方やこれから住もうとしている方は、この機会にぜひ覚えておいてください。

 

2. 泥棒に狙われやすい家の特徴

泥棒に狙われやすい家の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

・下見がしやすい
実は多くの泥棒は侵入する家をその場で決めているのではなく、事前に「窓や扉の位置」や「留守にしやすい時間帯」などを調べた上で、ターゲットにする家を決めているといいます。
泥棒にとって下見がしやすい家とは、「道路に接している部分が多い、外から中の様子が見やすい家」なので、戸建て住宅を選ぶ際にはその点に注意しましょう。

・防犯設備がない
当然ではありますが、オートロックやセンサーライト、ホームセキュリティーなどの防犯設備が少ない家ほど、泥棒のターゲットになりやすいです。

・外から見えにくい場所がある
「塀と外壁の間」「家と家の間」など、外から見えにくい死角になりやすい場所があると、泥棒にとっては侵入がしやすいので狙われやすくなってしまいます。

・留守かどうかが分かりやすい
「夜になっても電灯が点いていない」「郵便受けに新聞やチラシが詰まっている」など、明らかに留守にしていることが分かってしまうと、泥棒が狙いやすい家であると判断して空き巣のターゲットにされてしまう恐れがあります。

泥棒は「侵入するまでに時間がかかる家」や「周囲の人の注意をひきやすい家」に対しては、リスクが高いと判断して敬遠する傾向にあります。逆にいうと「侵入に時間がかからない家」や「目立たない家」は泥棒のターゲットにされやすいので、注意が必要です。

 

3. マイホームを狙われにくくするには?

現在、戸建て住宅に住んでいるという方は、マイホームを少しでも泥棒から狙われにくくするために、以下のような防犯対策をしておきましょう。

・防犯設備を新たに設置する
・駐車スペースにシャッターを増設する
・留守にしていることを外から分かりにくくする
・ガラスに防犯フィルムを貼る
・2階までよじ登れる足場を撤去する

実は、防犯対策のことを考えるときに一番大切なのは「泥棒の心理状態を把握すること」です。一度、泥棒になったつもりで自宅の周りをよく見てみましょう。どこか外から侵入しやすい場所や、留守であることが見ただけでわかってしまうものはありませんか?
もし何か気づくことがあれば、泥棒も同じように気づいてしまう可能性が高いので、すぐにでも改善策を考えるべきだといえるでしょう。

家の防犯対策をする上では、「泥棒目線」で自宅をチェックして、侵入を諦めさせるための工夫をすることが大切です。大事なマイホームと財産を守るために防犯対策を日頃からしっかりと行い、ホームセキュリティーサービスを利用してみるという手もあります。

続いて、ホームセキュリティーを利用したことがないという方に向けて、そのサービス内容についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

4. ホームセキュリティーについて

「ホームセキュリティー」とは家を守るためのシステム全般のことをいい、そのシステムを提供するサービスのことを「ホームセキュリティーサービス」といいます。

ホームセキュリティーサービスは当初、高級住宅地に住む富裕層をメインターゲットとしていましたが、1990年代半ばごろからは一般家庭でも利用されるようになりその後も時代の流れとともに普及率は少しずつ上昇しています。

インターネット調査会社の調査によると、首都圏に住む20歳~60歳代の男女のホームセキュリティー普及率は6.2%だったそうですが、今後はさらに利用者が増えていくことが予想されます。

 

5. ホームセキュリティーサービスの種類

ホームセキュリティーサービスには大きく分けると、機械のみを使った「ローカルセキュリティー」と、異常時に警備員が自宅まで駆けつける「ネットワークセキュリティー」の2種類があります。

前者のローカルセキュリティーでは、家の玄関や窓、塀などの不審者の通り道になりやすい場所に防犯カメラ、防犯アラーム、防犯センサーといった各防犯機器を設置して、異常が発生した際に大きな音で屋内外に警報を鳴らして威嚇したり、居住者に通知をしたりします。

最近では居住者が外出している場合でも、携帯電話やスマホに通知が届いて異常をいち早く知ることができるようになりましたが、ローカルセキュリティーには警備員が付いていないため、警察への連絡などは自分で行う必要があります。

一方のネットワークセキュリティーは警備会社が提供するサービスであり、機械と警備員の両方が自宅を守ります。

利用者の自宅には警備会社専用の警備用機器が設置され、センサーが何らかの異常を察知した際には警備員が出動します。

機械のみを使ったローカルセキュリティーに対し、ネットワークセキュリティーでは人間が家を守ってくれるので、手間の削減や防犯能力という意味ではこちらがオススメです。

 

6. 犯罪を未然に防ぐ効果も

住宅への侵入窃盗は、年々減少してはいますが、それでも相当な件数に上ります。平成27年の侵入窃盗の発生件数は、全国で50,995件。実に、1日に約140件も空き巣や忍び込みが発生していることになります。

ホームセキュリティーは実際に空き巣や忍び込みが発生したとき、機械や人に対応してもらえるというメリットがありますが、それだけではありません。

警備会社とホームセキュリティーサービスの契約を結んだ家庭は、警備会社のマークが入ったステッカーを玄関などに貼ることができます。

このステッカーがあることで「この家は対策を取っている」ということが分かるので犯罪者への威嚇になり、犯罪の発生を未然に防ぐことができるというわけです。

 

犯罪が発生してからの対応も重要ですが、「そもそも発生させないこと」が一番重要です。犯罪の抑止という視点からも、ホームセキュリティーは、マイホームを守る有効な手段の1つです。コストと効果をしっかり比べて、ご家庭に合った防犯体制を整えましょう。