データで見る不動産購入 【愛知県 一宮市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

1、愛知県一宮市の人口・世帯数

 

一宮市は愛知県北西部に位置する市で、織物の産地として有名な街です。かつては紡績・繊維産業の一大中心地となっていましたが、名古屋へのアクセスの良さから、以前の工場跡地は住宅地として開発が進み、現在ではベッドタウンとして発展している街でもあります。

そんな一宮市の人口は、約38万5,000人、世帯数は約16万世帯。最近10年間の人口はほぼ横ばい、世帯数は11%増となっています。年間の転入出者数は転入者が700人ほど上回っています。

 

1-1.人口・世帯数(2020/1/1 現在)

人口 385,228人
世帯数 161,918世帯

 

1-2.人口・世帯数の推移

1-3.転入・転出(2019年中)

転入者数 12,637人
転出者数 11,899人

※出典:一宮市ホームページ

 

 

2、愛知県一宮市の不動産情報

 

2-1.土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。一宮市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり約9万円、最近10年間の推移としては、2017年から上昇傾向が続き、10年間で約9%の上昇(公示地価ベース)となっています。

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

一宮市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2020年) 91,935円
基準地価(2020年) 91,973円

 

 

マップでご覧いただけるように、一宮市で地価が高いのは、中心駅であるJR東海道本線の尾張一宮駅と、名鉄一宮駅の周辺エリアで、15~17万円/㎡前後、少し駅から離れると、9~12万円/㎡くらいまで下がります。また、他の駅周辺エリアでは、5~8万円/㎡くらいが相場となっています。

 

2-2.新設住宅着工戸数(2019年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。一宮市で2019年中に新築された建物は2,431戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が45%、貸家(賃貸住宅)が21%、分譲住宅が33%と、注文住宅の比率が高くなっています。分譲住宅は、一戸建が652戸、マンションが136戸と、一戸建の割合が高くなっていますが、マンションも年間100~200戸くらい供給されています。

 

持ち家 1,103戸
貸家 507戸
給与住宅 17戸
分譲住宅 804戸

 

 

2-3.住宅着工戸数の推移

一宮市の住宅着工数は最近9年間でマイナス11%となっており、内訳としては、注文住宅がマイナス3%、賃貸住宅がマイナス32%、分譲住宅がマイナス5%となっています。着工数の落ち込みは賃貸住宅の減少によるところが大きく、注文住宅、分譲住宅は堅調です。一宮市は住宅購入ニーズの高い、一戸建中心の街だと言えそうです。

 

2-4.一宮市の不動産価格相場

一宮市の新築マンションは3,000万円台後半~4,000万円台前半が中心で、㎡単価は50万円台半ばが相場です。中古マンションは、築15年以内で平均2,975万円(37.7万円/㎡)、築15~25年で平均1,866万円(24.2万円/㎡)、築25年超で平均915万円(12.6万円/㎡)前後が相場です。新築と中古の価格差が大きいので、マンションをお探しの方は新築と中古を並行して探してみるとよいかも知れません。

一戸建については、新築で2,963万円、中古は築15年以内で平均2,752万円、築25年以内で1,771万円、築25年超は1,134万円となっており、新築はマンションよりもリーズナブルです。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内で平均7.7万円/㎡、徒歩20分以内なら8.7万円/㎡、徒歩20分超で6.0万円/㎡となっています。地方都市は車での移動が多く、必ずしも駅近の土地が高いとは言い切れないので、土地の相場は地域の不動産会社などで確認してみましょう。

 

~ 愛知県一宮市の物件を見る ~

秦野市の物件を見る

 

3、一宮市の教育環境

一宮市には、42校の公立小学校、19校の公立中学校、10校の公立高校があります。(2019年7月現在)。大学は市内に修文大学、一宮研伸大学のキャンパスがありますが、名古屋市内や岐阜方面への通学も十分可能です。

 

3-1.幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 53施設 60施設
小学校 42校 0校
中学校 19校 1校
高等学校 10校 2校
大学・短大 0校 2校

 

3-2. 待機児童数(2020年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 0人

 

一宮市は2020年4月現在で待機児童ゼロを達成しています。昨年の待機児童数もゼロですので、未就学児の保育環境は比較的よいと言えるでしょう。市としては、ニーズの高い3歳未満の保育環境を整えるため、小規模保育事業所の拡充等に努めていくということです。

 

 

4、愛知県一宮市の不動産市場と住宅購入について

 

一宮市は愛知県の北部、木曽川を挟んで岐阜県に接する街ですが、その最大の魅力は交通アクセスの良さです。市内にはJR東海道本線、名鉄名古屋本線・尾西線の3線が乗り入れ、中心駅であるJR尾張一宮駅、名鉄一宮駅からは、名古屋中心部まで10~20分ほどでアクセスすることができます。また、幹線道路も充実しており、一般道では国道22号線、高速道路は、南北方向に「東海北陸自動車道」、東西方向に「名神高速道路」が通っており、車での移動も大変便利です。

日常の買い物も「イオンモール木曽川」、「テラスウォーク一宮」などのショッピングモール、尾張一宮駅前のアーケード商店街「本町商店街」、そして地元のスーパーなどが点在しており、どこに住んでも買い物に困ることはありません。こうした利便性の高い一宮市は、名古屋のベッドタウンとして、ファミリー層にとても人気が高く、子育て世帯の流入増加とともに、医療施設や公園なども増え、行政の子育て支援も充実しています。

 

住宅情報サイトSUUMOによると、尾張一宮駅は、愛知県民が住みたい街として8位、穴場だと思う街として3位にランクインしています。交通利便性、生活利便性ともに高く、住居費が割安な点がポイントのようです。

 

出典:「住みたい街ランキング2020 愛知県版」SUUMO調べ

 

また、LIFULL HOME’Sの「買って住みたい行政区ランキング2020中部圏(愛知県 三重県 岐阜県)」でも、一宮市は5位(前年から4ランクアップ)にランクインしています。

 

買って住みたい行政区ランキング2020中部圏 (LIFULL HOME’S)

 

一宮市の住まい探しは、まず中心駅である、JR尾張一宮駅と名鉄一宮駅から始めてみてはいかがでしょうか。駅周辺には、マンション・一戸建ともに十分な流通量があり、選択肢の多いエリアです。予算や要望に合わせて、市内を南北に走るJRと名鉄沿線、そして、市内西側を走る名鉄尾西線沿線に広げていくとよいと思います。いずれも鉄道・バスの便がいいので、車がなくても暮らしやすいエリアです。さらに市外にはなりますが、尾張一宮駅の隣の駅である、稲沢駅なども人気の高まっているエリアです。一宮駅を中心に、沿線の隣接する市まで広く検討してみましょう。

交通利便性、生活利便性とも申し分なく、価格もリーズナブル。その一方で、日本一広い国営公園「国営木曽三川公園」や、2600年以上の歴史があり市名の由来ともなった「真清田神社」など、豊かな自然や名所・旧跡が多く残る一宮市。名古屋に通勤する子育てファミリーにおすすめしたい街です。ぜひ情報収集を始めてみてはいかがでしょうか。

 

~ 愛知県一宮市の物件を見る ~

秦野市の物件を見る