BACK to JOHOKAN TOP
TOP / 受賞歴 / 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」受賞
省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020受賞
8年連続の優秀賞と
4年連続省エネ住宅特別優良企業賞をダブル受賞
太陽発電
4.86kWシステム
オール電化システム
エコキュートシステム
IHクッキングヒーター
省エネエアコン
LEDシーリング照明
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン ・エナジーについて
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン ・エナジーについて
一般財団法人日本地域開発センター( 主務官庁:国土交通省)が、①外皮・設備の省エネルギー性能値②多様な省エネルギー手法の導入および健康、快適性その他の取り組み③省エネルギー住宅の普及への取り組み、の3つの視点で評価を行い、省エネルギー性と普及性に優れた住宅を表彰する制度です。
省エネ住宅でトータル的な 取り組みが評価されました。
省エネ住宅でトータル的な 取り組みが評価されました。
QUAD太陽光仕様は、地球環境(CO2削減)と暮らしの双方にやさしい、次世代を見据えた住まいです。建物の外皮(外壁・屋根・窓などの外気に接している部位)とエネルギー設備機器を一体として捉え、省エネルギー性を追求しました。また国産材を数多く使用することで【ウッドマイルズ(木材総輸送距離)】におけるエネルギー削減にも努めています。
当社は<ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー>の「優秀賞」を2013年から8年連続で受賞したことにより、5年以上連続受賞の企業に授与される特別表彰「省エネ住宅特別優良企業賞」も4年連続で受賞しました。
01
経済性
02
環境性
03
安全性
04
快適性
05
省エネ性
06
取り組み
01
経済性
“電気を創る”太陽光発電システムを標準採用。自分の家で電気を創り、余った電気を電力会社に売る提案。
製品仕様
メーカー
東芝
セルタイプ
シリコン単結晶系
最大出力(モジュール1枚あたり)
310W
質量(モジュール1枚あたり)
18.2kg
モジュール外形寸法
1650×990×35mm
1㎡当たり出力
190W
モジュール変換効率
18.9%
パワーコンディショナ電力変換効率
96.5%(4.0kwタイプ)、96%(5.5kwタイプ)
日中の消費電力は自給自足し、
余った電気は電力会社に自動で売ることができます。
※グラフは晴天時のイメージ図にて、実際の発電電力量は季節、天候、日照等の諸条件により、異なります。また、ご利用には別途、お客様と電力会社とのご契約が必要です。 ※太陽光発電協会(JPEA)出典資料による。
発電量はもちろん、さまざまな表示機能でより電力情報を楽しくチェック
発電した電力と消費した電力をリアルタイムに表示します。 今、どれだけ電気を売っているのか(売電)、使っているのか(買電)が、画面を見ればわかるので、節電に楽しくチャレンジできます。
02
環境性
空気熱を利用した高効率なエコキュートを組み合わせてCO2を削減します。
ヒートポンプ給湯機は、1の電気エネルギーを使って3以上の熱エネルギーを取り出します。
目には見えない大気中の熱エネルギーをヒートポンプユニットに取り込み、「自然冷媒(CO2)」で圧縮することで 高温化し、その熱を水に伝えてお湯を作る、自然エネルギーを利用した地球にやさしい給湯機です。エコキュートは、ヒートポンプで空気の熱を集めるから高効率。従来の燃焼式給湯器と比較して、エネルギーを消費する時に排出するCO2を削減することができます。
03
安全性
火を使わない「安全性」が最大のメリットです。
コイルに電流を流し、そこで発生する磁力線の力を使って鍋自体を発熱します。
オール電化住宅は、火を使わないため火災リスクが低いのも大きなメリットです。とくにIHクッキングヒーターには、立ち消えや不完全燃焼などの心配がありません。また、切り忘れ防止、チャイルドロックなどの安心機能も搭載して、安全対策に万全の配慮を行っています。
04
快適性
断熱素材が建物を包み込むように囲うことで、“住まいのエコ性能”を向上させました。
冬、暖房で暖められた熱の約半分は窓から失われます。また、夏に室内へ流れ込む熱の約7割は窓から入ってきます。 ※出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会 省エネルギー建材普及促進センター
断熱サッシは暖冷房費を節約し、CO2排出量も削減する優れた省エネ効果。
[省エネ効果算出条件]
■SMASH for Windows により算出 ■2階建て/ 延べ床面積:120.07m2、開口率:26.8%  ■4人家族  ■エアコンCOP:3.0 ■ 暖房:20℃、冷房:26℃・60% ■ 暖冷房運転:間欠運転 ■拡張アメダス気 象データ2005年版の仙台を使用■ 住宅断熱仕様…<1990年当時の住宅>昭和55年省エネルギー基準適合レ ベル<サーモスⅡ-Hを使った高断熱住宅>次世代省エネルギー基準適合レベル ■居室の窓(9窓)にレースカーテンを併用 ■電気料金:22円/kWh、CO2排出係数:0.43kg-CO2/kWh(メーカー調べ)
断熱玄関ドアには遮熱鋼板を採用し、室内の冷暖房効率アップ。
優れた遮熱効果により、強い日差しを浴びてもドア表面温度の上昇を抑制し、室内外の温度差から生じる”熱反り”を軽減。遮熱鋼板なら熱の侵入を抑制して、 室内の冷暖房効率アップにも貢献します。(メーカー調べ)※浮造り調(B13・E12・E16型)は除く
ハイグレード高性能グラスウールによる断熱性と環境性を両立しました。
グラスウールは、細いガラス繊維が絡み合ってつくられる空間によって、熱を伝えにくくしている断熱材です。従来のアクリア繊維をさらに細繊維化することによって最高水準となる熱抵抗値3.1を達成したのがアクリアαです。
05
省エネ性
省エネ性能を向上させる住宅設備を採用しました。

照明のLED化で電気代を削減。

冬、暖房で暖められた熱の約半分は窓から失われます。また、夏に室内へ流れ込む熱の約7割は窓から入ってきます。 ※出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会 省エネルギー建材普及促進センター

浴槽の周囲を断熱材覆い保温効果を向上。

シャワーヘッドは大幅節水が可能。 

06
取り組み
省エネ性能を向上させる住宅設備を採用しました。

輸送エネルギーの削減に貢献

ウッドマイルズ(木材総輸送距離)
当社は建築資材に国産材を使用することにこだわり続け、国産材使用率 70%強(2018年現在)の注文住宅を今日までに約3万5千棟供給しています。
「ウッドマイルズ(木材総輸送距離)」の観点からも、国産材を数多く使用することにより、木材を輸送するエネルギーの削減につとめています。

地球温暖化防止に貢献

国産木材チップを原料とする外壁サイディングを標準採用、CO2の固定化を実現し、地球環境の保全に貢献しています。(ニチハの場合)

環境保全活動

行政と地域と企業の三者が協働して森林整備に取り組む「企業の森」事業に参画しています。
パッシブデザイン
シースルー階段・勾配天井
「シースルー階段」と「勾配天井」の組み合わせが、吹抜けに風の道をつくる効果があります。
スクリーンルーバー
通風を確保しながら、夏の強い日差しを遮蔽します。
シースルーパネル
冬の低い日差しを居室に効率よく取り入れる効果があります。