データで見る不動産購入 【茨城県 水戸市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

1、茨城県水戸市の人口・世帯数

 

水戸市は茨城県中部に位置する中核市で、茨城県の県庁所在地です。水戸徳川家のお膝元で、水戸黄門(徳川光圀)や日本三名園のひとつ「偕楽園」で全国にその名を知られ、納豆の産地としても有名な街です。そんな水戸市の人口は、約27万人、世帯数は約12.6万世帯。最近10年間の人口はほぼ横ばい、世帯数は9%増となっています。年間の転入出者数は、転出者が約400人上回っています。

 

1-1、人口・世帯数(2020/1/1 現在)

人口 271,164人
世帯数 126,677世帯

 

1-2、人口・世帯数の推移

 

 

1-3、転入・転出(2019年中)

転入者数 10,557人
転出者数 10,981人

※出典:2019年 住民基本台帳人口移動報告(総務省)

 

 

2、茨城県水戸市の不動産情報

 

2-1、土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。水戸市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり5万円台、最近10年間は緩やかな下落傾向が続いています。

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

水戸市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2020年) 53,031円
基準地価(2019年) 56,776円

 

 

 

マップでご覧いただけるように、水戸市で地価が高いのは、中心駅であるJR常磐線の水戸駅の北側エリアで、7~10万円/㎡台、常磐線の南側エリアや水戸駅以外の駅周辺ではやや下がって4~6万円/㎡台となります。

 

2-2、新設住宅着工戸数(2019年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。水戸市で2019年中に新築された建物は1,839戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が49%、貸家(賃貸住宅)が31%、分譲住宅が20%と注文住宅が半数近くを占めています。分譲住宅はここ数年一戸建がほとんどで、分譲マンションは1割前後しかありません。

 

持ち家 900戸
貸家 567戸
給与住宅 3戸
分譲住宅 369戸

 

2-3、住宅着工戸数の推移

水戸市の住宅着工数は最近9年間でマイナス17%となっています。内訳としては、注文住宅がマイナス11%、賃貸住宅がマイナス36%、分譲住宅がプラス17%と、少しずつ分譲住宅が伸びています。水戸市は注文住宅がメインのエリアですが、近年分譲一戸建へシフトしつつある街だと言えそうです。

 

2-4、水戸市の不動産価格相場

水戸市の新築マンションは3,000万円台前半~半ばで、㎡単価は40万円台となっています。中古マンションは、築15年以内で平均2,788万円(34.6万円/㎡)、築15~25年で平均1,719万円(23.7万円/㎡)、築25年超で平均566万円(14.6万円/㎡)前後が相場です。

一戸建については、新築で2,148万円、中古は築15年以内で平均2,314万円、築25年以内で2,326万円、築25年超は1,801万円となっています。新築はマンションよりも一戸建の方が、価格が安く物件数も多いので、まずは一戸建中心に物件探しを進めてみることをおすすめします。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内で平均15.1万円/㎡、徒歩20分以内なら4.7万円/㎡、徒歩20分超で4.0万円/㎡となっています。土地の価格もリーズナブルなので、土地を買って注文住宅を建てるという選択肢も十分検討できます。

 

 

~ 茨城県水戸市の物件を見る ~

 

3、水戸市の教育環境

水戸市には、32校の公立小学校、16校の公立中学校、8校の公立高校があります。(2020年4月現在)。大学は市内に国立茨城大学、常磐大学の2校があります。県内や千葉県の常磐線沿線への通学は可能ですが、都心への通学はやや厳しいかも知れません。

 

3-1、幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 28施設 95施設
小学校 32校 2校
中学校 16校 3校
高等学校 8校 7校
大学・短大 1校 1校

 

3-2、待機児童数(2019年10月現在)

 

待機児童数(国基準) 65人

 

水戸市の待機児童数は65人で、前年と同数となっています。 水戸市が2019年10月に開催した、「第2回水戸市子ども・子育て会議」によると、民間保育所等の整備促進や認定こども園への移行促進,保育士確保の取組み等を推進することで,2020(令和2)年度における待機児童ゼロの達成を目指すとしています。

 

 

4、茨城県水戸市の不動産市場と住宅購入について

 

水戸市は茨城県の県庁所在地で、県内で最も人口が多い市です。市内にはJR常磐線・水郡線、鹿島臨海鉄道の大洗鹿島線が乗り入れていますが、メインとなる路線は常磐線です。中心駅の水戸駅からは、特急で東京まで75~90分。都心に出るには便利ですが、毎日の通勤となるとちょっと厳しいかも知れません。しかし、常磐自動車道や北関東自動車道をはじめ、高速道路、幹線道路が整備されているため、茨城県内にお勤めの方や、北関東を中心に車で移動される方などには非常に便利な街です。駅前には大型商業施設やスーパーなどもあり、日常の買い物に困ることはありませんし、郊外にはイオンモールなどの大型ショッピングモールも点在していますので、車があればほとんどの買い物は市内で済ませることができるでしょう。

水戸市は人口27万人の県庁所在地でありながら自然も豊かで、2月の梅祭り、4月のつつじ祭り、9月の萩祭りなど花にまつわるイベントが多く催されています。また、偕楽園に隣接する千波湖(せんばこ)と、その一帯は、「偕楽園公園」として整備されており、その広さは東京ドーム約63個分、ニューヨークのセントラルパークに次いで都市公園としては世界第2位の広さだそうです。

水戸市での住まい探しは、通勤や日常の移動手段から検討してみてはいかがでしょうか。東京方面への通勤を前提とするなら、特急停車駅である水戸駅の周辺エリア、県内にお勤めで電車を使った移動がメインであれば、常磐線沿線の各駅、車の移動が中心の方は、市の南部、高速道路のインターや幹線道路に近いエリアなどがおすすめです。

水戸駅前は、商業施設やオフィスなどが多く、ややざわついたイメージもありますが、駅の南側には住宅地が広がり、水戸駅へのバスも多く出ています。また、常磐線の赤塚駅周辺は、ここ15年くらいで開発されたエリアで比較的新しい建物が多い街で、駅前にはショッピングセンターやスーパーなどもありながら、徒歩圏に良好な住宅街が形成されており、子育て世帯におすすめです。内原駅の周辺は、一戸建を中心とした閑静な住宅街が広がっています。街の規模は小さいですが、駅徒歩圏に「イオンモール水戸内原」がオープンし、非常に便利になったエリアです。

水戸市は、茨城県の中心都市でありながら、偕楽園などの広大な自然公園も備え、ゆったりした暮らしが楽しめる街です。

観光を兼ねて、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

~ 茨城県水戸市の物件を見る ~