データで見る不動産購入 【埼玉県 草加市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他 注文建築_関連 資金/ローン/税制_関連

 

1、草加市の人口・世帯数

草加市は埼玉県の南東部に位置し、東京都足立区と隣接する人口約25万人の市です。江戸時代には宿場町として栄えた草加市ですが、現在では市の中央部に東武伊勢崎線(スカイツリーライン)が走っており、東京メトロ日比谷線、半蔵門線と直通運転しているため、都心へのアクセスがよく、ベッドタウンとして発展しています。

そんな草加市の人口は、約25万人、世帯数は約12万世帯。最近10年間の人口はほぼ横ばい、世帯数は11%増となっています。年間の転入出者数は、転入者数が約1,000人上回っています。

 

1-1.人口・世帯数(2019/1/1 現在) 

人口 248,488人
世帯数 116,123世帯

 

1-2.人口・世帯数の推移

1-3.転入・転出(2018年中)

転入者数 12,130人
転出者数 11,152人

※出典:草加市ホームページ

 

2、草加市の不動産情報  

 

2-1.土地の価格   

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。草加市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり約14万円台後半で、最近10年間はしばらく下落傾向が続いていましたが、2017年から上昇に転じ、直近の公示地価は3年連続、約5%の上昇となっています。

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

草加市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2019年) 147,280円
基準地価(2018年) 146,952円

 

マップでご覧いただけるように、市を南北に縦断している東武伊勢崎線(スカイツリーライン)の草加駅、獨協大学前(草加松原)駅、谷塚駅の周辺が人気の高いエリアで、15~20万円/㎡くらいが相場です。また隣接する足立区の見沼代親水公園駅(舎人ライナー)が最寄駅になるエリアもあり、10~15万円/㎡前後、市の北部で隣接する越谷市の越谷レイクタウン駅(JR武蔵野線)が最寄駅となるエリアでは、9~12万円/㎡前後となっています。

 

2-2.新設住宅着工戸数(2018年

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。草加市で2018年中に新築された建物は1,816戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が16%、貸家(賃貸住宅)が54%、分譲住宅が30%と、全体の半数以上を賃貸住宅が占めています。賃貸以外では分譲住宅の比率が高く、その中でも一戸建てが年400~500戸コンスタントに供給されています。

持ち家 298戸
貸家 980戸
給与住宅 0戸
分譲住宅 538戸

2-3.住宅着工戸数の推移

草加市の住宅着工数は最近8年間でマイナス4%となっています。内訳としては、注文住宅がマイナス30%、分譲住宅がマイナス27%と大幅に減少し、賃貸住宅がプラス34%なっています。草加市は、賃貸住宅と一次取得層をターゲットとした分譲住宅の供給が多いエリアだと言えそうです。

 

分譲住宅の内訳

2011年 2018年
一戸建 599戸 488戸
共同住宅 143戸 50戸

※出典:国土交通省 住宅着工統計

 

2-4.草加市の不動産価格相場

草加市で販売されている新築マンションは3,000万円台後半~4,000万円台後半がボリュームゾーンで、㎡単価は50万円前後が相場のようです。中古マンションは、築15年以内で平均2,789万円(37.6万円/㎡)、築15~25年で平均2,202万円(31.0万円/㎡)、築25年超で平均1,267万円(21.9万円/㎡)前後が相場です。

一戸建については、新築で3,500万円強、中古は築15年以内で平均3,383万円、築25年以内で2,672万円、築25年超は2,375万円となっています。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内なら平均28.5万円/㎡、徒歩20分以内なら17.9万円/㎡、徒歩20分超で14.2万円/㎡となっています。土地は公示地価や基準地価よりも、実際に流通している物件の方が価格が高めになる傾向があるようです。物件探しにおいては、希望エリアなどをもとに個別に相談してみるとよいでしょう。

 

3、草加市の教育環境

草加市には、21校の公立小学校、11校の公立中学校、4校の公立高校があります。(2019年4月現在)。大学は市内に獨協大学がありますが、都内への通学も十分可能です。

 

3-1.幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 19施設 58施設
小学校 21校
中学校 11校
高等学校 4校
大学・短大 1校

 

3-2. 待機児童数(2019年5月現在)

 

待機児童数(国基準) 9人

出典:草加市ホームページ

 

草加市における、待機児童数は9人でした。草加市はファミリー層に人気の高いエリアですが、待機児童数は少なく、比較的、保育園に入りやすい市だと言えそうです。草加市のホームページには、保育施設ごとの在籍人数と待機児童数が毎月更新されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■草加市ホームページ(保育所等在籍児童数・待機児童数)

http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s1603/020/010/010/01.html

 

4、草加市の不動産市場と住宅購入について

草加市は埼玉県の南部、東京都足立区に接し都心にも近いため、いわゆる埼玉都民のベッドタウンとして人気の高い街です。東武伊勢崎線(スカイツリーライン)は、東京メトロ日比谷線・半蔵門線に乗り入れており、草加駅から大手町駅まや日比谷駅まで約40分、渋谷まで約50分と、都心へのアクセスは良好です。

市内には東武伊勢崎線の駅が4駅ありますが、市の都市計画によると、中心となる草加駅周辺は商業施設と住宅地が共存する地域、新田駅と獨協大学前駅(松原団地駅)周辺は住宅を中心とした地域、谷塚駅周辺は、工場と住宅が共存する地域と位置づけられています。それぞれの駅の特徴を踏まえながら物件探しをしてみるのもよいでしょう。

 

この中で注目しておきたいのは、獨協大学前(松原団地)駅です。1962年に入居が開始され、当時「東洋最大のマンモス団地」と言われた草加松原団地は、近年建て替え事業が進み、美しく住みやすい街へと生まれ変わりつつあります。すべての建て替えが終わるのはまだまだ先のことですが、若いファミリー層の流入も増え、街として大きく変化していくことは間違いないでしょう。

一方で、もともと草加市は日光道中2番目の宿場町として栄えた歴史があり、松尾芭蕉の「おくのほそ道」にも謳われた国指定名勝「草加松原」をはじめ、歴史的な建物や街並みが市内に数多く残っています。市では、団地の建替などによるリニューアルを図ると同時に、既存の空き家や空き店舗を活用した「リノベーションまちづくり」を積極的に推進しています。草加駅東口周辺(旧道沿道)エリアは「リノベーション推進モデル地区」に指定され、古い建物をリノベーションしたおしゃれなカフェやレストランなどが続々とオープンしています。

都心へのアクセスもよく、駅前にはショッピング施設も充実しておりファミリーにおすすめの草加市。そんな立地としての魅力に加え、歴史や文化を大切にし、古いものと新しいものをうまく融合させながら発展していることに大きな魅了を感じます。情報収集を兼ねて、ぜひ一度現地を訪れてみてはいかがでしょうか。