データで見る不動産購入【東京都 立川市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

1、東京都立川市の人口・世帯数

 

立川市は東京都の中央部に位置し、中心となる立川駅にはJR中央線・青梅線・南武線の3路線が乗り入れているため、都心方面にも神奈川方面にもアクセスしやすいとても便利な街です。また西武新宿線と接続する西武拝島線、多摩エリアを南北に結ぶ多摩モノレールも利用可能です。

そんな立川市の人口は約18万4,000人、世帯数は約9万2,000世帯となっており、最近10年間で約9,200人(約5%)、9,700世帯(約11%)の増加となっています。年間の転入・転出者数は年10,000人前後でほぼ均衡しています。

 

1-1.人口・世帯数(2020/1/1 現在)

人口 184,090人
世帯数 92,288世帯

 

1-2.人口・世帯数の推移

1-3.転入・転出(2019年中)

転入者数 10,592人
転出者数 10,385人

※出典:立川市ホームページ

 

2、東京都立川市の不動産情報

 

2-1.土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。立川市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。立川市全体の平均地価としては、公示地価で約46万円/㎡、基準地価で約66万円/㎡と、大きく差が開いています。これは、2015年から追加された基準地点(2015年 440万円/㎡、2020年644万円/㎡)が、基準地価の平均を大きく押し上げているためです。

100万円/㎡以上の地点を除外すると、公示地価の平均が297,289円、基準地価の平均が309,556円となり、後述する実勢相場に近いものになってきます。最近10年間の推移を見てみると、2013年ごろまでは緩やかな下降傾向が続きましたが、2015年以降上昇に転じ、10年間で約9%の上昇となっています。(公示地価ベース)

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

立川市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2020年) 466,425円
基準地価(2020年) 662,952円

 

マップでご覧いただけるように、JR立川駅周辺の商業地では100万円/㎡を超える地点もありますが、少し離れた住宅地では、20万円台~30万円台前半と十分検討可能な価格帯となります。また西武線沿線は駅近でも10万円台後半~20万円台前半と、さらにリーズナブルになりますので価格を抑えたいという方は西武線沿線を狙ってみるのもよいかも知れません。

 

2-2.新設住宅着工戸数(2019年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。立川市で2019年中に新築された建物は1,593戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が16%、貸家(賃貸住宅)が31%、分譲住宅が53%と、分譲住宅が半分以上を占めています。分譲住宅の内訳としては、一戸建が332戸(39%)、マンションが514戸(61%)と、マンションが多くなっていますが、年によって大きく異なります。

 

持ち家 259戸
貸家 484戸
給与住宅 4戸
分譲住宅 846戸

2-3.住宅着工戸数の推移

立川市の最近10年間の住宅着工数は全体でプラス35%となっています。持ち家は2014年の消費税増税(5%→8%)のタイミングで伸びていますが、駆け込み需要が落ち着いた後は、ゆるやかに減少しマイナス5%、一方で分譲住宅がプラス24%、賃貸住宅がプラス123%と大幅に伸びています。立川市に限ったことではありませんが、再開発による大型マンションの建築や、分譲一戸建の供給で、人気エリアは注文住宅よりも分譲中心の市場へと変化しています。

 

2-4.立川市の不動産価格相場

立川市で販売されている新築マンションの販売価格は4,000万円台半ば~5,000万円台が多く、㎡単価は70万円強が相場のようです。中古マンションは、築15年以内で平均3,376万円(61.1万円/㎡)、築15~25年で平均3,105万円(42.6万円/㎡)、築25年超で平均1,224万円(28.5万円/㎡)前後が相場です。専有面積は築15年~25年の物件がもっとも広く(平均73㎡)、築15年以内の平均専有面積(61㎡)と、約10㎡以上の差がありました。一般的に分譲マンションは地価や建築コストが高い時期には価格を抑えるために専有面積を小さめにする傾向があるので、広めの中古を探している方は、立地がよい平成初期の物件を探してみるのもよいかも知れません。

一戸建については、新築で平均3,979万円、築15年以内で平均4,847万円、築25年以内で平均3,901万円、築25年超で平均3,793万円となっています。新築よりも中古の方が土地・建物ともに広めのものが多く、築15年を超えると20㎡~30㎡ほど広くなりますので、広めの一戸建を探している方は、中古を購入してリフォームするという選択肢もあり得ます。

最後に土地の相場については、駅からの距離でさほど差がなく20万円台半ばが相場のようです。ただし、立川市はJR沿線の人気が高く、西武線やモノレールの沿線は比較的リーズナブルであることから、「土地+注文住宅」で検討している方は、JRだけでなく、他の沿線も含めて検討してみるとよいでしょう。

 

 

~ 東京都立川市の物件を見る ~

秦野市の物件を見る

 

 

3、立川市の教育環境(2020年8月現在)

立川市には、19校の公立小学校、9校の公立中学校、2校の公立高校、2校の私立高校があります。市内に私立の小中学校はありません。大学、短期大学については、市内に国立音楽大学と東京医療保健大学がありますが、多摩エリアには多くの大学があり、都内への通学も可能ですので、教育環境はよいと言えるでしょう。

未就学児については、幼稚園、認定こども園、保育所など計83施設があります。

 

3-1.幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 6施設 77施設
小学校 19校 0校
中学校 9校 0校
高等学校 2校 2校
大学・短大 0校 2校

 

3-2. 待機児童数(2020年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 47人

 

立川市の待機児童数は、47人で、前年の54人から7人減少しました。認可保育所の整備等により、2016年のピーク(167人)時と比べ年々減少傾向にあり、2020年に3歳以上の待機児童はゼロとなりました。市は、人口や保育ニーズの推移を見守りながら、今後の保育施設等の整備を進めていきたいとしています。

 

 

4、東京都立川市の不動産市場と住宅購入について

立川市の魅力は、なんと言ってもJR中央線特別快速で新宿まで26分、東京まで40分というアクセスのよさと、駅前のショッピングモールやデパートなどの賑わいです。駅周辺には「エキュート」「ルミネ」「伊勢丹」「高島屋」「IKEA」「ららぽーと」など多くの活気のあるショッピングゾーンが形成されています。しかし少し離れると、そうした賑わいが嘘のような落ち着いた住宅地が形成されており、東京ドーム約38個分の広さをもつ「国営昭和記念公園」など大自然が満喫できる街でもあります。立川は東京都内で「利便性」と「大自然」を併せ持った数少ない街と言えるでしょう。

そして2020年には昭和記念公園に隣接する立川飛行場の跡地に、2,500席規模の多目的ホール、公園、オフィス、ホテル、レストランなどの複合施設「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」が開業し大きな話題となっています。

新型コロナでオープニングイベント等は延期されたものの、立川のシンボルとも言える大型施設で、今後の発展が楽しみです。

出典:「GREEN SPRINGS」 公式Facebookページ

 

一方、不動産価格は比較的リーズナブルで、一戸建、マンションとも3,000~4,000万円台から購入可能。土地についても商業地を除けば平均地価は約20万円/㎡台後半と、「土地+注文住宅」でも十分手の届くエリアです。同じ立川市内でも沿線、駅などによって環境や価格がだいぶ変わりますので、購入を検討する際には、地域をよく知る不動産会社に一度相談してみることをおすすめします。

 

 

東京都立川市の物件を探す