データで見る不動産購入 【神奈川県 大和市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

 

1、神奈川県大和市の人口・世帯数

 

大和市は神奈川県のほぼ中央に位置する南北に細長い市で、横浜市、座間市、海老名市、相模原市などと接しています。比較的狭い市ですが、相鉄線、小田急線、東急田園都市線の3線が乗り入れ、都心にも横浜にも1時間ほどアクセスできる利便性の高い街です。

そんな大和市の人口は、約23万8,000人、世帯数は約10万8,000世帯。最近10年間の人口は4%増、世帯数は12%増となっています。年間の転入出者数は転入者が約2,300人上回っています。

1-1.人口・世帯数(2020/1/1 現在)

人口 237,895人
世帯数 108,827世帯

1-2.人口・世帯数の推移

 

1-3.転入・転出(2019年中)

転入者数 13,581人
転出者数 11,264人

※出典:大和市ホームページ

 

 

2、神奈川県大和市の不動産情報

 

2-1.土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。大和市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり約20万円、最近10年間の推移としては、2017年から少しずつ上昇してきましたが、2020年の基準地価は、新型コロナの影響もあり、わずかに下がっています。

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

大和市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2020年) 205,151円
基準地価(2020年) 201,315円

 

 

マップでご覧いただけるように、大和市で地価が高いのは、小田急江ノ島線と相鉄本線のクロスターミナルである大和駅の周辺エリアと、東急田園都市線の中央林間駅~つきみ野駅周辺エリアで20~25万円/㎡前後、小田急線、相鉄線の他の駅と、駅から離れたエリアでは、15~20万円/㎡くらいが相場となっています。

 

2-2.新設住宅着工戸数(2019年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。大和市で2019年中に新築された建物は2,399戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が19%、貸家(賃貸住宅)が36%、分譲住宅が45%と、分譲住宅が約半分を占めます。2019年の分譲住宅の内訳としては、一戸建が452戸、マンションが634戸と、ややマンションが多くなっていますが、年により大きく異なります。

 

持ち家 446戸
貸家 867戸
給与住宅 0戸
分譲住宅 1,086戸

 

 

2-3.住宅着工戸数の推移

大和市の住宅着工数は最近9年間でプラス29%となっており、内訳としては、注文住宅がマイナス16%、賃貸住宅がプラス37%、分譲住宅がプラス57%と、分譲住宅が大きく伸びています。年によって傾向は変わるものの、大和市は一戸建、マンションとも新築住宅がコンスタントに供給されている、分譲住宅メインのエリアだと言えそうです。

 

2-4.大和市の不動産価格相場

大和市の新築マンションは3,000万円台後半~4,000万円台前半が中心で、㎡単価は60万円前後が相場です。中古マンションは、築15年以内で平均3,159万円(44.0万円/㎡)、築15~25年で平均2,269万円(35.8万円/㎡)、築25年超で平均1,518万円(24.8万円/㎡)前後が相場です。新築マンションの供給数がそれほど多くない上、築15年くらいから価格がぐっと下がるので、立地のよい中古を買ってリノベーションという選択肢もあるかも知れません。

一戸建については、新築で3,606万円、中古は築15年以内で平均3,736万円、築25年以内で3,167万円、築25年超は2,597万円となっており、中古でもマンションほどの価格差はありません。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内で平均23.2万円/㎡、徒歩20分以内なら17.0万円/㎡となっています。

 

 

~ 神奈川県大和市の物件を見る ~

 

3、大和市の教育環境

大和市には、19校の公立小学校、9校の公立中学校、4校の公立高校があります。(2020年10月現在)。大学は市内に聖セシリア女子短期大学のキャンパスがありますが、神奈川県内、都内への通学も可能です。

 

3-1.幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 4施設 87施設
小学校 19校 1校
中学校 9校 1校
高等学校 4校 2校
大学・短大 0校 1校

※未就学児の施設には2021年度開設予定を含む

 

3-2. 待機児童数(2020年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 0人

 

大和市は2020年4月現在、待機児童ゼロを達成しています。保育所への入所希望者は増え続ける中、5年連続で待機児童ゼロを実現しています。市としては、今後も希望者は増えると予測していますが、保育所や小規模保育事業所の整備などを通じ、待機児童ゼロの継続に取り組んでいくとのことです。

 

 

4、神奈川県大和市の不動産市場と住宅購入について

 

大和市は神奈川県のほぼ中央に位置する、比較的小さな街ですが、市内には小田急線、東急田園都市線、相鉄線の3線(8駅)が乗り入れているため、市内どこからでも駅まで徒歩15分という、郊外の街としては珍しい、車がなくても暮らしやすい街です。市のほぼ中央に位置する大和駅は、小田急江ノ島線と相鉄本線のクロスターミナルで、小田急線なら新宿駅まで約50分。相鉄線なら横浜まで約20分、2019年11月から念願のJR線への直通運転も始まり、渋谷まで約50分、新宿まで約55分でダイレクトに行けるようになりました。そして市の北部、東急田園都市線の始発駅である中央林間駅からは、渋谷まで直通で約40分。混雑する田園都市線でも座って通勤できるのが魅力で、中央林間駅~つきみ野駅周辺には、閑静な住宅地が形成されています。このように、市内のどこに住んでも駅に近く、都心にほぼ1時間以内でアクセスできる交通利便性のよさが大和市の大きな魅力です。また大和市は、江ノ島、箱根、伊豆などの観光地にも近く、ちょうど都心との中間地点に位置しているので、都内で働きながら、週末を自然の中で過ごしたい方や、温泉やアウトドアが好きな方にとっては絶好の立地と言えます。

大和市での住まい探しは、まずこの3つの沿線からどのエリアを選ぶかを検討してみてはいかがでしょうか。ターミナル駅である大和駅と中央林間駅は比較的相場が高くなりますが、小田急線沿線では中間駅である、鶴間駅、南林間駅の周辺や、大和駅以南はやや安くなります。また相鉄線は2019年のJR線乗り入れに続き、2022年には東急線との直通運転も予定されており、開業すれば都心部へのアクセスがさらに便利になります。また新横浜駅付近に設置される新駅までわずか19分でアクセスできるようになり、新幹線へのアクセスが大幅に向上します。大和市だけでなく、隣接する横浜市や海老名市、綾瀬市なども含めて検討してみてはいかがでしょうか。

 

■相鉄線-JR、相鉄線-東急との直通運転

出典:相鉄線ホームページ

東急田園都市線沿線は、2019年にリニューアルした「南町田グランベリーパーク」をはじめ、「エトモ中央林間」、「ラプラ中央林間」などショッピング施設も充実しており、ファミリー層にとても人気の高いエリアです。閑静な住宅地で一戸建をお探しの方にはおすすめです。

最後に大和市で住まいを検討する際の注意点として、隣接する綾瀬市と厚木市にまたがる厚木基地があります。基地の騒音問題は以前に比べだいぶよくなったと言われますが、できるだけ現地を訪れて確認してみることをおすすめします。

 

閑静な住宅地が広がる東急線、都心にも観光地に行くにも便利な小田急線、都心への直通運転で今後の発展が楽しみな相鉄線、それぞれの沿線ごとに、街の雰囲気や特徴も異なります。ぜひ地域に詳しい不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか。

 

~ 神奈川県大和市の物件を見る ~