データで見る不動産購入 【群馬県 高崎市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

 

1、群馬県高崎市の人口・世帯数

 

高崎市は群馬県中部に位置する中核市で、人口は県内最大の都市です。高崎駅は北陸新幹線と上越新幹線の分岐点であり、また、関越自動車道と北関東自動車道の分岐点となるなど、北関東の交通の要所として発展しています。

そんな高崎市の人口は、約37万人、世帯数は約16万6,000世帯。最近10年間の人口はほぼ横ばい、世帯数は9%増となっています。年間の転入出者数は12,000人前後でほぼ均衡しています。

 

1-1、人口・世帯数(2020/1/31 現在)

人口 372,953人
世帯数 166,090世帯

 

1-2、人口・世帯数の推移

 

1-3、転入・転出(2019年中)

転入者数 12,187人
転出者数 12,583人

※出典:2019年 住民基本台帳人口移動報告(総務省)

 

 

2、群馬県高崎市の不動産情報

 

2-1、土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。高崎市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり6~7万円台、最近10年間は、2015年ころまで緩やかな下落傾向でしたが、2016年以降上昇に転じています。

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

高崎市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2020年) 73,252円
基準地価(2019年) 63,895円

 

 

マップでご覧いただけるように、高崎市で地価が高いのは、中心駅である高崎駅周辺エリアで、7~10万円/㎡前後、JR高崎線の沿線エリアで6~7万円/㎡台、JR信越本線と上信電鉄の沿線エリアで3~5万円/㎡くらいが相場となっています。

 

2-2、新設住宅着工戸数(2019年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。高崎市で2019年中に新築された建物は2,557戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が50%と半数を占め、貸家(賃貸住宅)が31%、分譲住宅が19%と、注文住宅が中心のエリアとなっています。分譲住宅はほとんどが一戸建で、2018年以降、分譲マンションの着工はありません。

 

持ち家 1,277戸
貸家 790戸
給与住宅 7戸
分譲住宅 483戸

 

2-3、住宅着工戸数の推移

高崎市の住宅着工数は最近9年間でマイナス15%となっています。内訳としては、注文住宅がマイナス12%、賃貸住宅がマイナス25%、分譲住宅がマイナス4%となっています。高崎市は注文住宅がメインでありながら、分譲一戸建も安定して年400~500戸供給されている一戸建中心のエリアだと言えそうです。

 

 

2-4、高崎市の不動産価格相場

高崎市の新築マンションは4,000万円台が中心で、㎡単価は50万円台前半が相場ですが、供給数は少なくマンションは中古を中心に探すことになります。中古マンションは、築15年以内で平均3,076万円(39.6万円/㎡)、築15~25年で平均1,965万円(27.0万円/㎡)、築25年超で平均1,392万円(20.4万円/㎡)前後が相場です。

一戸建については、新築で2,613万円、中古は築15年以内で平均2,757万円、築25年以内で1,929万円、築25年超は1,849万円となっています。マンションは供給数が少ないため築浅物件の相場が高く、新築一戸建の方がリーズナブルなこともあるようです。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内で平均7.5万円/㎡、徒歩20分以内なら5.2万円/㎡、徒歩20分超で3.5万円/㎡となっています。土地を購入して注文住宅を建てるという選択肢も十分検討できるでしょう。

 

 

~ 群馬県高崎市の物件を見る ~

 

 

3、高崎市の教育環境

高崎市には、58校の公立小学校、25校の公立中学校、10校の公立高校があります。(2020年4月現在)。大学は市内に高崎経済大学(公立)、上武大学など6校のキャンパスがありますが、隣接する前橋市などへの通学も可能です。

 

3-1、幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 29施設 132施設
小学校 58校 0校
中学校 25校 0校
高等学校 10校 4校
大学・短大 1校 5校

 

3-2、待機児童数(2019年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 0人

 

高崎市は待機児童数ゼロを達成しています。ただ人口増加地域など、エリアによっては希望する園に入りにくいこともあるようです。高崎市は保育所の申し込みを通年で受け付けているため、詳しくは市役所の窓口などで相談してみることをおすすめします。

高崎市 「保育所(園)・認定こども園空き状況について

 

 

4、群馬県高崎市の不動産市場と住宅購入について

高崎市は群馬県の中心都市で県内最大の人口を有する街です。地価も県内で最も高く、2020年の公示地価が上昇しているのは県内で高崎市と太田市のみとなっています。中心となる高崎駅は上越新幹線(東京-新潟)と北陸新幹線(東京-金沢)の停車駅であると同時に、JR高崎線(湘南新宿ライン・上野東京ライン)・吾妻線・上越線・信越本線・八高線・両毛線、上信電鉄上信線など多くの路線が乗り入れる、北関東最大のターミナル駅で、駅周辺は商業施設や飲食店、文化施設どが集積しています。高崎駅から東京駅までは新幹線で約50分。テレワークや時差通勤などを活用しながら十分通勤できる範囲と言えるのではないでしょうか。

また高崎市は、東洋経済新報社の「中核市の幸福度ランキング」で、2016年に3位、2018年に6位にランクインしています。中でも文化分野と生活分野のランクが高く、異文化との触れ合い、多様性を受け入れる環境、待機児童ゼロの達成などが高く評価されているようです。

 

■全国42中核市の「幸福度」ランキング

2016年 2018年
1 豊田市 豊田市
2 長野市 富山市
3 高崎市 長野市
4 岡崎市 柏市
5 金沢市 岡崎市
6 富山市 高崎市
7 柏市 宇都宮市
8 前橋市 金沢市
9 宇都宮市 前橋市
10 高松市 久留米市

出典:東洋経済オンライン「42中核市の『幸福度』ランキング」 (2016年 2018年

 

高崎市での住まい探しは、まずどのエリアを中心に物件探しを進めるかを検討してみましょう。車を持たない生活ならば、高崎駅を中心に、上越線の高崎問屋町駅・井野駅、信越本線の北高崎駅あたりがおすすめです。車で移動できる方は駅から少し離れた住宅地も合わせて検討してみるとよいと思います。

2020年3月に高崎市が公表した「立地適正化計画」では、市内を大きく7つの地区に分けて、都市機能誘導区域が指定されています。高崎地域では、高崎駅・問屋町・高崎操車場跡地、群馬地域ではイオンモール高崎に近い群馬支所周辺、吉井地区では、上信電鉄の吉井駅に近い吉井支所周辺などが「都市機能誘導区域」とされています。

出典:高崎市立地適正化計画

 

地方都市では少なからず人口の流出、少子高齢化といった課題を抱えており、商業・医療・福祉などの都市機能をコンパクトに集約していく方向で都市計画が進められています。高崎市でも今後は都市機能誘導区域を中心とした街づくりが進められていくと思われますので、利便性、資産価値などの観点からも、こうした地域の拠点となるエリアを中心に物件探しを進めてみることをおすすめします。

 

また、高崎市には移住・定住を促進するための助成制度があります。東京圏からの移住を検討している方は、こうした助成制度を活用してみるのもよいでしょう。

 

■高崎市移住支援金制度

東京圏から高崎市に移住した方に最大100万円支給される制度です。

詳細は市のホームページをご確認ください。

https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2019062700054/

 

■高崎市移住促進資金利子補給金制度

高崎市の倉渕・榛名・吉井地域に移住・定住するために住居取得した方を対象に、利子5年分を全額補給する制度です。

詳細は市のホームページをご確認ください。

https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2016042500024/

 

東京へのアクセスも良好な北関東の中心都市でありながら、軽井沢や伊香保温泉など観光地にも近く、自然豊かな高崎市。テレワークや在宅勤務が普及していく中、広々とした新築一戸建が2,000万台で購入できるのも大きな魅力です。ぜひこの機会に情報収集をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

 

群馬県高崎市の物件を探す