データで見る不動産購入 【福島県 郡山市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

1、福島県郡山市の人口・世帯数

 

郡山市は、福島県中央部に位置する中核市で東北地方を代表する商工業都市です。県庁所在地でないにもかかわらず、事業所数や年間販売数など経済分野では福島県で1位。南北には東北新幹線、東北自動車道、東西には磐越西線・磐越東線、磐越自動車道などで各都市と結ばれる交通の要衝でもあります。

そんな郡山市の人口は約32万人、世帯数は14万4,000世帯で、最近10年間で人口は4%減、世帯数は9%増となっています。年間の転入・転出者数は、1万人前後でほぼ均衡しています。

 

1-1.人口・世帯数(2020/1/1 現在)

人口 321,735人
世帯数 144,036世帯

 

1-2.人口・世帯数の推移

 

 

1-3.転入・転出(2019年中)

転入者数 10,800人
転出者数 10,949人

※人口移動報告2019(総務省)

 

 

2、福島県郡山市の不動産情報

 

2-1.土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。郡山市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり5~6万円台、最近10年間は、2013年まで緩やかな下落傾向にありましたが、2014年から上昇に転じ、10年間で約14%の上昇となっています。(基準地価ベース)

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

郡山市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2020年) 66,515円
基準地価(2020年) 56,315円

マップでご覧いただけるように、郡山市で地価が高いのはJR東北本線 郡山駅の西側エリアで、7~10万円/㎡前後。他の駅周辺や駅から離れたエリアでは、5~7万円/前後となっています。

 

 

2-2.新設住宅着工戸数(2019年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。郡山市で2019年中に新築された建物は2,375戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が34%、貸家(賃貸住宅)が30%、分譲住宅が36%とバランスよく供給されています。分譲住宅の内訳としては、一戸建が530戸(62%)、マンションが331戸(38%)と、一戸建の比率が高くなっています。郡山市は、注文住宅と分譲住宅がバランスよく供給されている一戸建中心のエリアだと言えそうです。

 

持ち家 800戸
貸家 712戸
給与住宅 2戸
分譲住宅 861戸

 

2-3.住宅着工戸数の推移

郡山市の住宅着工数は最近10年間でプラス44%となっています。内訳としては、注文住宅がマイナス14%、賃貸住宅がプラス34%、分譲住宅がプラス395%(約5倍)と分譲住宅が大幅な伸びとなっています。その中でも分譲一戸建は、2011年の174戸から2020年の530戸と大きく供給を伸ばしており、注文住宅から分譲一戸建へのシフトが見て取れます。

2-4.郡山市の不動産価格相場

郡山市の新築マンションは、2,000万円台後半~4,000万円台が中心で、㎡単価は50万円前後のようです。中古マンションは、築15年以内で平均2,651万円(33.2万円/㎡)、築15~25年で平均1,969万円(24.6万円/㎡)、築25年超で平均1,690万円(15.3万円/㎡)前後が相場です。

一戸建については、新築が2,618万円、中古は築15年以内で平均2,883万円、築25年以内で2,451万円、築25年超は1,779万円となっており、販売価格はマンションとほぼ同水準となります。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内で平均6.8万円/㎡、徒歩20分以内なら5.7万円/㎡、徒歩20分超で4.6万円/㎡と非常にリーズナブルで、分譲住宅と注文住宅を並行して検討してみるのも面白いかも知れません。

 

 

~ 福島県郡山市の物件を見る ~


 

3、郡山市の教育環境

郡山市には、51校の公立小学校、27校の公立中学校、9校の公立高校、4校の私立高校があります。大学、短期大学については、郡山市内に郡山女子大学、奥羽大学、日本大学工学部の3つのキャンパスがあります。

 

3-1.幼稚園・保育園・学校の数 (2020年4月現在)

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 25施設 127施設
小学校 51校 1校
中学校 27校 1校
高等学校 9校 4校
大学・短大 0校 3校

 

3-2. 待機児童数(2020年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 22人

 

郡山市の待機児童数は、22人で、前年の20人から2人増加しています。しかし、2017年の64人から減少傾向にあり、新規申込者の増加分を定員の拡大等によって吸収していると言えます。また、この22人のうち14人が富久山地区に集中しており、年齢層はすべて1~2歳児です。

出典:郡山市ホームページ

 

4、福島県郡山市の不動産市場と住宅購入について

郡山市は、東北地方で仙台市に次ぐ経済規模をもつ商工業都市であると同時に、南北には東京と仙台を、また東西には新潟市といわき市を結ぶ交通の要衝で「陸の港」とも呼ばれます。東北新幹線の停車駅でもある郡山駅には24階建の県内で最も高いビッグアイがあり、ブランドショップや飲食店などの商業施設「モルティ」のほか、市民プラザ、高校、オフィスなどが入っています。また、市内には「アティ」、「イオンタウン」、「フェスタ」など多くのショッピングモールがあり、買い物に困ることはありません。

郡山駅前のランドマーク「ビッグアイ」(出典:郡山市ホームページ)

こうした東北有数の都会である一方、県内屈指のアウトドアスポット「猪苗代湖」や、日本百名山にも選出される「安達太良山」、市の中心部には桜の名所である「開成山公園」など豊かな自然が残る街でもあります。

大東建託が2020に発表した「住みたい自治体ランキング福島県版・2020」において郡山市は1位を獲得しています。中でも高評価なのが、生活利便性(1位)、行政サービス(1位)、交通利便性(2位)、イメージ・親しみやすさ(3位)で、市民からも「お店が多く生活しやすい」、「街に活気がある」、「都心へのアクセスもいい」など、郡山市を高く評価する声が多く寄せられています。

郡山市での住まい探しは、まずエリア選びから始めてみてはいかがでしょうか。郡山市の都市計画によると、市域は大きく5つのゾーンに分けられています。郡山駅を中心とする「都心ゾーン」、都心ゾーン周辺の住宅地である「市街地ゾーン」、さらにその外側に広がる「田園環境矯正ゾーン」と「丘陵環境共生ゾーン」、そして市域の西側に位置する奥羽山脈「森林環境共生ゾーン」です。

出典:郡山市都市計画マスタープラン

 

物件探しは、JR東北本線の西側に広がる都心ゾーンと市街地ゾーンが中心になります。このゾーンであれば、新築・中古ともに比較的多くの物件が流通していますが、郡山駅を中心に、「交流推進拠点」と位置づけられている、富久山エリアや安積エリアなどに範囲を広げながら進めてみてはいかがでしょうか。

また、郊外の田園環境共生ゾーンに近いエリアでは、東北本線の安積永盛駅、日和田駅、磐越西線の喜久田駅の周辺や、幹線道路沿いにも比較的新しい住宅地が形成されています。市内では区画整理事業なども行われていますので、最新の情報は、地域に詳しい不動産会社を訪ねてみることをおすすめします。

仙台に次ぐ、東北地方第2の都市でありながら、豊かな自然にも恵まれ、東京や仙台へのアクセスもよい郡山市。移住や二拠点居住なども視野に検討してみてもよいかも知れません。ぜひ地域の不動産会社を訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

~ 福島県郡山市の物件を見る ~