データで見る不動産購入【神奈川県 小田原市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

 

 

1、神奈川県小田原市の人口・世帯数

 

小田原市は神奈川県西部の中心都市で、戦国時代には「城下町」として発展し、江戸時代には東海道の「宿場町」として栄え、明治期には政財界人や文化人たちの「別荘地、居住地」としても愛されてきた歴史ある街です。

山や海が近く、雄大な自然と温暖な気候に恵まれた小田原市は、東海道新幹線をはじめ、JR東海道線、小田急線、伊豆箱根鉄道、箱根登山鉄道など多くの在来線も乗り入れており、住まいとしてはもちろん別荘地や観光地としても、とても人気がある街です。

そんな 小田原市の人口は、約18万9,000人、世帯数は約8万2,000世帯。最近10年間の人口は4%減、世帯数は5%増となっています。年間の転入出者数は7,000人弱で、ほぼ均衡しています

 

1-1、人口・世帯数(2021/1/1 現在)

人口 188,867人
世帯数 82,473世帯

 

1-2、人口・世帯数の推移

 

1-3、転入・転出(2020年中)

転入者数 6,883人
転出者数 6,780人

※出典: 小田原市ホームページ

 

 

2、神奈川県 小田原市の不動産情報

 

2-1、土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。 小田原市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり12万円台後半、最近10年間は、緩やかな下落傾向となっています。

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

小田原市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2020年) 129,452円
基準地価(2020年) 127,450円

マップでご覧いただけるように、小田原駅の周辺の商業地域を除けば、JR線、小田急線沿線の比較的駅に近いエリアでも10万円/㎡前後となっており、土地価格は非常にリーズナブルだと言えるでしょう。

 

2-2、新設住宅着工戸数(2020年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。 小田原市で2020年中に新築された建物は1,408戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が38%、貸家(賃貸住宅)が34%、分譲住宅が28%となっています。首都圏近郊の住宅地が注文住宅から分譲戸建にシフトしていく中、小田原市は比較的注文住宅の比率が高いエリアと言えそうです。これは、他のエリアと比較して地価が安いことや、セカンドハウスとしての需要など、一般の住宅地とは異なる背景があるからだと思われます。また、分譲住宅の内訳としては、一戸建が41%、マンションが59%と、2020年はややマンションが多くなっていますが、一戸建が年150戸程度安定して供給されているのに対し、マンションは年によってばらつきがあります。

 

持ち家 536戸
貸家 478戸
給与住宅 0戸
分譲住宅 394戸

 

 

2-3、住宅着工戸数の推移

小田原市の住宅着工数は最近10年間で横ばい(10年前と同数)となっています。内訳としては、注文住宅がマイナス15%、分譲住宅がプラス40%、賃貸住宅がプラス7%と、少しずつ注文住宅から分譲住宅へのシフトが進んでいます。

 

2-4、 小田原市の不動産価格相場

小田原市で販売されている新築マンションは4,000万円台半ばから5,000万円台前半で、㎡単価は60万円台が相場のようです。中古マンションは、築15年以内で平均3,119万円(43.8万円/㎡)、築15~25年で平均2,515万円(36.7万円/㎡)、築25年超で平均881万円(14.7万円/㎡)前後が相場です。

一戸建については、新築で2,575万円、中古は築15年以内で平均2,762万円、築15年~25年で2,075万円、築25年超で3,154万円となっています。築25年超の相場が高くなっているのは、土地面積が約100㎡広いためです。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内なら平均10.1万円/㎡、徒歩20分以内なら9.8万円/㎡、徒歩20分を超えると平均6.9万円/㎡となっています。

小田原市はマンション、一戸建ともに中古物件の流通量が少ない上、立地による価格差も大きいため、平均値で見るよりも個別の物件情報をあたったほうが、より正確に相場が把握できます。下記のデータを目安に、不動産ポータルサイトや、地域の不動産会社で情報収集してみることをおすすめします。

 

 

~ 神奈川県小田原市の物件を見る ~

3、小田原市の教育環境

小田原市には、25校の公立小学校、11校の公立中学校、4校の公立高校、2校の私立高校があり、大学は市内に関東学院大学など3つのキャンパスがあります。都内への通学は新幹線や特急を使わないとやや厳しいですが、神奈川県内の大学への通学は可能です。未就学児については、幼稚園・保育園・認定こども園等あわせて65施設があります。

 

3-1、幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 12施設 53施設
小学校 25校 0校
中学校 11校 1校
高等学校 4校 2校
大学・短大 0校 3校

 

3-2、 待機児童数(2020年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 14人

 

小田原市における、2020年4月現在の待機児童数は14人となっており、昨年より3人増加しています。

4、神奈川県 小田原市の不動産市場と住宅購入について

 

小田原市の中心駅である小田原駅からは、新幹線で東京まで約40分、在来線でも新宿まで約1時間30分で行くことができます。在来線での通勤となるとやや厳しい面もありますが、小田急線沿線の駅近物件やJR東海道・湘南ライナーの停車駅の物件であれば通勤圏内と言えるでしょう。もちろん神奈川県央部から横浜あたりまでなら1時間前後で十分通勤が可能です。

小田原での住宅購入を考えることは、住まいを買うということと同時に、自分の働き方や人生の楽しみ方など、ライフスタイルを見直すよい機会でもあります。もともと海や山に近く、温暖で自然豊かな小田原は、通勤の問題さえクリアできればとても魅力的な街で、休日には箱根、熱海、伊豆など、日帰りで温泉を楽しめる立地です。自然豊かな街でゆったりと暮らし、仕事と趣味のバランスをとりながら人生を楽しみたい。そんなライフスタイルを志向する方にとっては、まさに休日が待ち遠しくなるような楽園になる可能性を持っているわけです。

2020年は新型コロナの影響で、テレワークが急速に普及したこともあり、住まい探しの基準が大きく変わりました。通勤回数が減り、自宅での仕事が増えたことにより、ワークスペースを備えた郊外の一戸建への住替えニーズが高まっています。その中でも小田原市は、価格がリーズナブルで都心へのアクセスがよく、自然豊かな郊外都市として、大きな注目を浴びています。

下表のように、小田原市の平均地価は、都心部の1/7程度、神奈川県の主要都市と比べても1/3程度となっています。

 

 

毎月の住宅ローンの返済を気にしながら都心に住むよりも、小田原でリーズナブルに暮らしながら、余ったお金で海や温泉に行く。そんなライフスタイルを考えてみるのも楽しいですね。温暖で自然が豊かな街でスローライフを楽しみたい、でもあまり田舎には行きたくない。そんな方にぜひおすすめしたい街が小田原です。ご自身のライフスタイルとともに検討してみてはいかがでしょうか。

神奈川県小田原市の物件を探す