データで見る不動産購入 【愛知県 豊橋市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

 

1、豊橋市の人口・世帯数

 

豊橋市は愛知県の東南部に位置する、東三河地方の中心となる中核市で、愛知県では5番目に人口の多い市です。中心となる豊橋駅は、東海道新幹線をはじめ、JR東海道本線、飯田線と名古屋鉄道(名鉄)も乗り入れるターミナル駅となっています。また市内には東海エリア唯一の路面電車である豊橋鉄道も走っており、市民の足として親しまれています。

そんな豊橋市の人口は、約38万人、世帯数は約16万世帯。最近10年間の人口はやや減少、世帯数は6%増となっています。年間の転入出者数は、転出者数が660人ほど上回っています。

 

1-1、人口・世帯数(2019/1/1 現在)

人口 377,303人
世帯数 158,253世帯

 

1-2、人口・世帯数の推移

 

1-3、転入・転出(2018年中)

転入者数 14,497人
転出者数 13,833人

※出典:豊橋市ホームページ

 

2、豊橋市の不動産情報

 

2-1、土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。豊橋市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり約9~10万円で、最近10年間は緩やかな下落傾向となっています。

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

豊橋市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2019年) 93,889円
基準地価(2019年) 102,997円

 

 

マップでご覧いただけるように、豊橋市の地価は、豊橋駅の周辺が最も高く10~15万円/㎡くらい、路面電車(豊鉄)沿線も人気で10~12万円/㎡くらいで、車での移動が中心になるからか、駅から離れてもさほど価格は変わらず、8~10万円/㎡をくらいが相場となっています。2-2.新設住宅着工戸数(2018年)国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。豊橋市で2018年中に新築された建物は2,795戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が27%、貸家(賃貸住宅)が31%、分譲住宅が27%と、注文住宅中心の市場となっています。分譲住宅も一戸建が中心で年400〜500戸くらいが安定して供給されています。新築マンションはそれほど多くありませんが、2018年は213戸と大幅に増加しています。豊橋市は注文住宅と建売をメインとした一戸建中心の市場と言えそうです。

 

持ち家 1,186戸
貸家 852戸
給与住宅 4戸
分譲住宅 753戸

 

 

2-2、住宅着工戸数の推移

豊橋市の住宅着工数は最近8年間で11%増となっています。内訳としては、注文住宅がマイナス14%、分譲住宅がプラス142%、賃貸住宅がマイナス22%なっており、分譲住宅が大幅に増加しているように見えますが、これは2018年に484戸のマンション供給があったことが影響しています。マンションは年によってばらつきがありますが、一戸建は年250~300戸程度、安定して供給されています。

 

2-3、豊橋市の不動産価格相場

豊橋市で販売されている新築マンションは3,000〜4,000万円が中心で、㎡単価は概ね40万円台の前半のようです。中古マンションは、築15年以内で平均2,280万円(29.5万円/㎡)、築15~25年で平均2,128万円(25.4万円/㎡)、築25年超で平均630万円(12.6万円/㎡)前後が相場です。

一戸建については、新築で2,805万円、中古は築15年以内で平均3,062万円、築25年以内で2,084万円、築25年超は1,809万円となっています。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内なら平均7.7万円/㎡、徒歩20分以内なら7.4万円/㎡、徒歩20分超で5.6万円/㎡となっています。

 

~ 愛知県豊橋市の物件を見る ~

 

 

3、豊橋市の教育環境

豊橋市には、52校の公立小学校、22校の公立中学校、8校の公立高校と3校の私立高校があります。(2019年4月現在)。大学は市内に国立豊橋技術科学大学、豊橋創造大学、愛知大学の3つのキャンパスがありますが、浜松市や名古屋市への通学も可能です。

 

3-1、幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 5施設 92施設
小学校 52校
中学校 22校 1校
高等学校 8校 3校
大学・短大 1校 2校

 

3-2、待機児童数(2019年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 0人

 

豊橋市における、待機児童数はゼロとなっています。豊橋市役所によると、例年、年度初め(4月1日)時点の待機児童数はゼロを達成しており、年度中の入園については、まれに1~2ヶ月の待機期間が発生することがあるそうです。

(2019年10月1日現在の待機児童数は3人)。施設を選ばなければ、入園の心配はほぼなさそうです。

 

4、豊橋市の不動産市場と住宅購入について

 

豊橋市は愛知県の東南部、東三河エリアの中心都市で、同エリアの人口の約半分を占めています。名古屋へは新幹線で最短20分、在来線(東海道本線)でも1時間弱でアクセスでき、隣接する静岡県の浜松駅にも、在来線で約35分と、静岡と愛知を結ぶ交通の要所となっています。また市内には全国で19都市にしかない路面電車(市電)が走っており、沿線には住宅地が形成されています。

豊橋市が2017年に発表した「都市計画マスタープラン」によると、市は今後の都市づくりのビジョンとして、次の3つを掲げています。

1、歩いて暮らせるまち ~ すべての人に優しく、地球環境にも優しい豊橋のために ~

2、水と緑にふれあうまち ~ 豊かな自然につつまれ、まちも人も美しい豊橋のために ~

3、元気に輝くまち ~ 豊かな暮らしが約束され、希望に溢れる豊橋のために ~

 

豊橋市で住宅を購入するときにポイントとなるのは、1.の「歩いて暮らせるまち」というコンセプトではないでしょうか。豊橋市をはじめ、多くの地方都市は大都市のように公共交通機関が隅々まで行き渡っていないため、自家用車への依存率が高くなります。今後の人口減少や高齢化を考慮すると、郊外に分散した市街地を中心部に集約し、都市機能をできるだけコンパクトにまとめていくことが求められます。逆に郊外は、2.のコンセプトのように、ほどよく市街化された地域で自然とふれあいながらゆったり暮らすエリアと位置づけられます。物件探しにおいては、このような都市計画のコンセプトを知った上で、自分のライフスタイルに合うエリアはどこかを検討してみましょう。

 

上図の通り、今後市街地は豊橋駅の周辺に集約されていくと思われますので、都市型のライフスタイルを求めるなら、まず豊橋駅の周辺エリアと、東海道本線や市電の沿線エリアをメインに物件探しを進めていくのがよいと思います。

 

リクルート住まいカンパニーがおこなった調査「住みたい街ランキング2018 愛知県版」では、豊橋市は住みたい街の5位に選ばれ、「穴場だと思う街ランキング」では2位にランクインしています。

 

■ 住みたい街ランキング2018 愛知県版

1位 名古屋
2位 金山
3位 星ヶ丘
4位 覚王山
5位 豊橋

 

■ 穴場だと思う街ランキング

1位 尾張一宮
2位 豊橋
3位 三河安城
4位 名古屋
5位 金山

出典:住みたい街ランキング2018 愛知県版

(  https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/sumai_nyumon/machi/sumitaimachi_aichi/

 

交通の便、生活利便性ともに申し分ないのに、名古屋ほど都会ではなく、ほどよく田舎で気候もよい、路面電車の走る、ゆったりとした空気が流れる街、それが豊橋です。 情報集を兼ねてぜひ一度現地を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

愛知県豊橋市の物件を探す