データで見る不動産購入 【神奈川県 藤沢市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他

 

1、藤沢市の人口・世帯数

 

藤沢市は神奈川県の南部中央に位置する湘南エリアの中心となる市で、神奈川県では政令指定都市(横浜・川崎・相模原)に次ぎ4番目に人口の多い市です。気候も温暖で、東京、横浜への通勤圏でありながら、江ノ島や片瀬・鵠沼・辻堂海岸など観光地としての側面もあわせもつ、とても人気のある街です。

そんな藤沢市の人口は、約43万人、世帯数は約18万8,000世帯。最近10年間の人口は約6%増、世帯数は10%増となっています。年間の転入出者数は、転入者数が約3,000人上回っています。

 

1-1、人口・世帯数(2019/1/1 現在)   

人口 432,095人
世帯数 188,393世帯

 

1-2、人口・世帯数の推移

 

1-3、転入・転出(2018年中)

転入者数 20,223人
転出者数 17,157人

※出典:藤沢市ホームページ

 

2、藤沢市の不動産情報 

 

2-1、土地の価格 

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。藤沢市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり22万円台で、最近10年間は、公示地価は緩やかな下落傾向、基準地価は2012年を底に、横ばいから上昇に転じています。これは、基準地価を判定するための基準点に、藤沢駅、辻堂駅、鵠沼海岸駅周辺の比較的地価の高い地点が追加されたことが要因で、公示地価と基準地価を合わせた総平均では、10年で約2.5%の下落となっています。

 

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

藤沢市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2019年) 220,322円
基準地価(2019年) 223,817円

 

 

マップでご覧いただけるように、中心となる藤沢駅の周辺で30万円台/㎡、小田急江ノ島線の本鵠沼駅、鵠沼海岸駅周辺だと少し下がって20万円台半ば~後半/㎡、市北部の湘南台駅周辺も20万円台半ばが相場となっています。さらに江ノ島電鉄沿線だと、20万円台前半/㎡ となりますが、駅から離れたエリアでは20万円/㎡を切るエリアも存在します。

 

2-2、新設住宅着工戸数(2018年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。藤沢市で2018年中に新築された建物は3,497戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が25%、貸家(賃貸住宅)が40%、分譲住宅が35%と、比較的バランスよく供給されています。分譲住宅はマンションも一戸建も供給されていますが、マンションは年によりばらつきがあります。

 

持ち家 888戸
貸家 1,378戸
給与住宅 0戸
分譲住宅 1,231戸

 

2-3、住宅着工戸数の推移

藤沢市の住宅着工数は最近8年間で5%減となっています。内訳としては、注文住宅がマイナス23%、分譲住宅がプラス2%、賃貸住宅がプラス7%なっています。注文住宅が減少している以外、分譲、賃貸とも年1,000戸を超える安定した供給が続いており、人気の高さがうかがえます。

 

 

2-4、藤沢市の不動産価格相場

藤沢市で販売されている新築マンションは4,000万円台後半~6,000万円台前半くらいの価格帯を中心に供給されており、㎡単価は概ね70万円台後半のようです。中古マンションは、築15年以内で平均3,923万円(54.2万円/㎡)、築15~25年で平均3,090万円(42.9万円/㎡)、築25年超で平均1,935万円(29.9万円/㎡)前後です。

一戸建については、新築で4,089万円、中古は築15年以内で平均4,238万円、築25年以内で3,860万円、築25年超は4,122万円となっており、エリアや土地面積などによるばらつきが大きいため、相場を参考にしつつ、個別の物件をあたってみるのがよいでしょう。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内なら平均24.8万円/㎡、徒歩20分以内なら21.1万円/㎡、徒歩20分超で18.5万円/㎡となっていますが、沿線・駅によってかなり相場は変わってきます。

 

 

3、藤沢市の教育環境

藤沢市には、35校の公立小学校、19校の公立中学校、6校の公立高校と9校の私立高校があります。(2018年10月現在)。市内には慶應義塾大学,日本大学,湘南工科大学,多摩大学の4つのキャンパスがあり、市との協働研究など産学連携も行われています。

 

3-1、幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 12施設 125施設
小学校 35校 3校
中学校 19校 6校
高等学校 6校 9校
大学・短大 4校

 

3-2、待機児童数(2019年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 164人

 

藤沢市における、待機児童数は164人で神奈川県ではワースト1位となっています。藤沢市では、これまで「藤沢市保育所整備計画」に基づき、4年間で1,792人の定員拡大を行ってきましたが、ファミリー世帯の流入増加により、保育施設の利用希望者が増えているため、さらに2020年4月に向け592人の定員拡大を目指すとしています。

 

 

4、藤沢市の不動産市場と住宅購入について

藤沢市は、東を鎌倉市、西を茅ヶ崎市と接する、まさに湘南エリアの中心にある街です。主要駅である藤沢駅には、JR東海道線、湘南新宿ライン、小田急江ノ島線、江ノ島電鉄が乗り入れています。市北部の湘南台駅には小田急江ノ島線、横浜市営地下鉄ブルーライン、相鉄線、さらに市南部の江ノ島駅からは湘南モノレールと、市内には多くの路線が走っており、藤沢駅から東京駅までは約45分、新宿駅まで約50分でアクセスできます。

また、JR沿線には「テラスモール湘南」、「湘南モールフィル」、「湘南T-SITE」、「ODAKYU湘南GATE」、「ルミネ藤沢」など、たくさんのショッピング施設があり、車がなくても手軽にショッピングを楽しめます。また日常の買い物は「イトーヨーカドー」や「オーケー」などのスーパーもありますので、買い物はほぼ市内で済ませることができます。

 

そして、藤沢の最大の魅力は、江ノ島や片瀬・鵠沼・辻堂海岸などに代表される湘南の海と自然環境でしょう。南部の鵠沼・片瀬地区はかつて別荘地として開発され、多くの政治家・学者・文化人などが暮らした場所でもあり、今も多くの人を惹きつけます。

そんな藤沢市での住まい探しは、どんなライフスタイルを望むかというところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

海の近くに住みたい、早朝にサーフィンしてから出社したい、そんなアクティブなライフスタイルを求めている方は、JR線より南側のエリア、本鵠沼駅、鵠沼海岸駅を中心としたエリアがターゲットになります。海から少し離れても、通勤や買い物に便利なところがいいという方は、藤沢駅・辻堂駅の周辺を探してみるとよいと思います。また混雑する観光地から少し離れて、落ち着いて暮らしたい方は、小田急線沿線の藤沢~湘南台の周辺が候補となります。もちろん車やバスを使えれば駅から離れた比較的リーズナブルなエリアも視野に入ります。

藤沢市は2014年に学研パブリッシング(現 学研プラス)が発表した「主婦が幸せに暮らせる街ランキング」で全国1位、ビジネスパーソンを対象にした「シティブランド・ランキング ― 住みよい街2019」では、全国15位 (神奈川県1位)、居住者を対象にした「シビックプライド調査 2018」では、「愛着ランキング」と「継続居住意向ランキング」でともに 1位を獲得するなど、多くの調査で上位にランキングされています。主婦にもビジネスパーソンにも、そして実際に住んでいる人たちの満足度が高く、住み続けたくなる街。それが藤沢市です。ご自身のライフスタイルに合わせて情報収集してみてはいかがでしょうか?

 

(参考)

・主婦が幸せに暮らせる街ランキング( https://gakken-plus.co.jp/news/pub/201405/20140528.html )

・シティブランド・ランキング ―住みよい街2019( https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/071000015/073000003/ )

・シビックプライドランキング 2018( https://www.yomiko.co.jp/wp-content/uploads/2019/11/20180717.pdf  

 
 

神奈川県藤沢市の物件を探す