データで見る不動産購入 【東京都 武蔵村山市】

不動産売買_関連 市場/相場_関連 暮らし/法律/その他 注文建築_関連 資金/ローン/税制_関連

 

1、武蔵村山市の人口・世帯数

武蔵村山市は東京都の多摩エリア北部に位置する市です。北側は狭山丘陵を挟んで埼玉県に接し、西側は米軍横田基地を挟んで東京都福生市と接しています。東京で唯一、鉄道が通っていない自治体で、周辺市を通る西武拝島線や多摩モノレールが最寄駅となります。

そんな武蔵村山市の人口は、約7万人、世帯数は約3万世帯。東京都の中では小さな市ですが、最近10年間で世帯数は9%増とファミリー層に人気の高い市です。年間の転入出者数は約300人の転入超過となっています。

 

1-1.人口・世帯数(2019/1/1 現在)

人口 72,546人
世帯数 31,640世帯

 

1-2.人口・世帯数の推移

1-3.転入・転出(2018年中)

転入者数 3,009人
転出者数 2,718人

※出典:総務省 人口移動報告2018年

 

2、武蔵村山市の不動産情報

 

2-1.土地の価格

土地の価格(地価)については、毎年1月1日を基準とした「公示地価」と7月1日を基準とした「基準地価」が発表されています。武蔵村山市における公示地価と基準地価の平均は以下の通りです。直近の平均地価としては、㎡あたり約12万円台で、最近10年間は2013年まで下落傾向が続いていましたが、2014年からやや持ち直し、緩やかな上昇傾向となっています。

■公示地価、基準地価とは?

公示地価とは、地価公示法に基づき、国(国土交通省)が、毎年1月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。基準地価とは、国土利用計画法に基づき、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を判定して、1㎡あたりの単価として公表するものです。

同年の価格を比較した場合、公示地価よりも基準地価の方が半年遅れで公表されるため、より直近の取引価格を反映していると見ることができます。なお公示地価、基準地価はともに一般の土地の取引価格の指標等として使われていますが、あくまで指標であり、実際の取引価格とは異なりますのでご注意ください。

 

武蔵村山市全体の地価平均(㎡あたり)

公示地価(2019年) 123,815円
基準地価(2018年) 121,272円

 

 

武蔵村山市には鉄道が乗り入れていないため、他市にある駅が最寄りとなりますが、西武拝島線の玉川上水駅、武蔵砂川駅に近いエリアと、多摩モノレールの桜街道駅、上北台駅の周辺(市の南東部)は、比較的地価が高く、15万円台/㎡となっています。一方、最寄駅のない市の北西部は10~12万円/㎡と求めやすい価格となっています。

 

2-2.新設住宅着工戸数(2018年)

国土交通省が発表している新設住宅着工戸数について見てみましょう。武蔵村山市で2018年中に新築された建物は524戸でした。内訳としては、持ち家(注文住宅)が34%、貸家(賃貸住宅)が21%、分譲住宅が45%と、分譲住宅の供給が約半分を占めています。内訳を見てみると、武蔵村山市は、2011年以降の分譲マンション供給がゼロという首都圏では珍しい市で、新築着工のすべてが一戸建となっています。

 

持ち家 178戸
貸家 110戸
給与住宅 1戸
分譲住宅 235戸

 

2-3.住宅着工戸数の推移

武蔵村山市の住宅着工数は最近8年間でマイナス7%となっています。内訳としては、注文住宅がプラス11%、賃貸がマイナス17%、分譲住宅がマイナス13%となっています。多くの市が注文住宅から分譲住宅へとシフトする中、武蔵村山市はまったく逆の傾向となっており、一戸建志向が強く中でも注文住宅が伸びている市と言えるようです。

分譲住宅の内訳

2011年 2018年
一戸建 269戸 235戸
共同住宅 0戸 0戸

※出典:国土交通省 住宅着工統計

 

2-4.武蔵村山市の不動産価格相場

前述の通り、武蔵村山市では、近年新築マンションの供給がないため、マンション購入は中古物件を検討することになります。相場としては、築15年以内で平均1,948万円(28.1万円/㎡)、築15~25年で平均838万円(20.2万円/㎡)、築25年超で平均1,282万円(23.3万円/㎡)となっていますが、流通量が非常に少なく、物件によって価格のばらつきが大きいため、平均値ではなく個別の物件情報を参考にしたほうがよいと思います。

一戸建については、新築で2,860万円、中古は築15年以内で平均2,934万円、築25年以内で2,037万円、築25年超は1,551万円となっています。

最後に土地の相場については、最寄駅から徒歩10分以内なら平均15.6万円/㎡、徒歩20分以内なら14.9万円/㎡、徒歩20分超で12.2万円/㎡となっています。

 

3、武蔵村山市の教育環境

武蔵村山市には、10校の公立小学校、3校の公立中学校、2校の公立高校、1校の私立高校があります(2017年4月現在)。大学は市内に東京経済大学(武蔵村山キャンパス)がありますが、多摩エリアには多くの大学があるため、武蔵村山市に住みながら市外に通学する学生も多く、都心部への通学も可能です。

 

3-1.幼稚園・保育園・学校の数

公立 私立
幼稚園・保育園・認定こども園等 1施設 16施設
小学校 10校
中学校 3校
高等学校 2校 1校
大学・短大 1校

 

3-2. 待機児童数(2018年4月現在)

 

待機児童数(国基準) 39人

出典:武蔵村山市ホームページ
※本記事執筆時点(2019年7月)で、2019年度の待機児童数は公表されていません。

 

武蔵村山市における、2018年4月現在の待機児童数は39人で、前年の12人から大幅に増加しました。2016年には待機児童ゼロを達成し、保育環境のよい市として知られていたのですが、2018年度は残念ながら増加してしまいました。

市の資料によると、特に0~2歳児の保育施設が慢性的に不足しているようで、これから出産される方や小さなお子様をもつ方は、市に確認してみることをおすすめします。

 

(参考)

平成30年度 武蔵村山市子ども・子育て支援事業計画 施策進捗状況

http://www.city.musashimurayama.lg.jp/shisei/shisaku/kosodate/1002026.html

 

4、武蔵村山市の不動産市場と住宅購入について

 

武蔵村山市の特徴としては、市内に鉄道が通っていないということです。つまり駅への移動はほとんどバスか自転車となり、交通の便の悪さは否めないところです。また、不動産市場としては、新築マンションの供給がほとんどないので、選択肢が中古マンションか一戸建に限定されてしまいます。したがって、このエリアで住宅購入を検討する際には、武蔵村山市だけでなく、周辺の立川市、東大和市などと合わせて探してみることをおすすめします。

そういった事情をわかった上で、武蔵村山市で住宅を購入するメリットとしては、やはり価格の安さかと思います。新築一戸建が3,000万円を切る価格で買えるエリアは都内ではそうそうありません。また土地を購入して注文住宅を建てたい方にとっても、土地の安さは大きな魅力です。都心への毎日の通勤は多少不便を感じるかもしれませんが、多摩エリアに通勤する方や、フレックスタイムなど通勤の自由度が高い方にとっては、それほどでもないのではないでしょうか。市内には大型のイオンモールがありますし、少し足を延ばして立川か八王子まで行けばほとんどの買い物は済ませることができます。言ってみれば、「そこそこ便利」な街でありながら価格が安いところが武蔵村山の魅力だと思います。

また、北部の狭山丘陵には都立で最大の都市公園である「野山北・六道山公園」もあり、カタクリの群生地やホタルの生息地など、貴重な里山の自然が広がっており、ハイキングや野鳥観察などを楽しむことができます。

鉄道・駅がないという不便さはありますが、その反面、いわゆる繁華街のような騒々しさもなく、治安もいい武蔵村山市。将来的には多摩モノレールの乗入れ構想もあるそうですのでご検討はお早めに。広い一戸建をリーズナブルに購入し、ゆったりと自然に囲まれて暮らしたいという方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。